忍者ブログ
山形発!長編ドキュメンタリー映画『湯の里ひじおり-学校のある最後の1年』は、山形県大蔵村肘折温泉の1年を記録しました。故郷、地域に暮らすことの愛おしさが伝わってきます。心が癒され、元気がでてくる映画です!!
[27]  [26]  [25]  [23]  [24]  [21]  [20]  [19]  [18]  [16]  [15
2017/12/11 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/05/27 (Wed)
この週末は、東京都内で行われたふたつの山形県人会にお邪魔し、映画のPR活動を行ってまいりました。

f1ed77e6.jpeg土曜日は平田町(現酒田市)のふるさと会である「首都圏ふるさと平田会」にお邪魔しました。創立25周年を迎えた本年は節目の記念行事ということでたくさんの方が来場されていました。
映画スタッフも、入り口でひとりひとりに上映チラシを配らせていただき、映画のPRに努めました。肘折にいったことのあるという方もたくさん居られ、映画への関心もたくさんの方に持っていただくことができました。


翌日曜日は「東京大蔵会」にお邪魔しました。
肘折温泉がある大蔵村出身者の皆さんの集いということで、これまでもたびたびお邪魔して応援をお願いして参りましたが、今回は映画完成のご報告と、上映のお知らせをさせていただきました。

a62eb60e.jpeg来賓挨拶では、当支援する会の呼びかけ人を務めてくださっている加藤正美大蔵村村長はじめ、庄司永建最上ふるさと連合会会長、そして三澤潔子山形県人東京連合会会長から映画への激励のお言葉を頂戴しました。



4604d40d.jpegつづいて渡辺監督も登壇し、「現在は地方に厳しい時代だが、ふるさと山形ではたくさんの若者ががんばっている。この映画にもそのような若者の姿が描かれています。」と、郷里の映画への応援を呼びかけました。



88e2d9da.jpeg会場には「湯の里ひじおりブース」も設けさせていただき、映画のPRと前売券の販売を行いました。たくさんの方々から映画へのご声援をいただき、また前売券をお買い上げいただきました。ありがとうございました。



c85bfcc0.jpegこの日会場では地元商工会メンバーが駆けつけて、旬の山菜の販売が行われていました。色とりどりの山の幸が並んで、肘折名物「朝市」さながらの光景が現れていました。





 『湯の里ひじおり』では応援団を募集しています。くわしくはこちら
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
上映日程
芸術と食欲と温泉の秋。つくば上映は2010年11月21日(日)筑波学院大学にて!
プロフィール
HN:
肘折の映画を支援する会
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]