忍者ブログ
山形発!長編ドキュメンタリー映画『湯の里ひじおり-学校のある最後の1年』は、山形県大蔵村肘折温泉の1年を記録しました。故郷、地域に暮らすことの愛おしさが伝わってきます。心が癒され、元気がでてくる映画です!!
[29]  [22]  [27]  [26]  [25]  [23]  [24]  [21]  [20]  [19]  [18
2017/06/29 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/05/29 (Fri)

温泉エッセイスト、「YOKOSO! JAPAN大使」で、『だから混浴はやめられない』などの著書がある山崎まゆみさんより、応援コメントをいただきました!
 


スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
とてもいいい作品をありがとうございました。

 
肘折温泉の湯治場を丁寧に追いかけられたその風景は、
みている私までもが温かく、穏やかな気持ちになりました。
 
そこで、視聴者に感じて頂きたいことを記しておきます。
 
私たち日本人は温泉が大好きです。
しかしながら、温泉がどのように成り立ち、湧出するか。
そして、私たちが「気持ちがいい」と感じる温泉を守るために、
温泉を提供する側が、どれほどの苦労
(源泉を守ること、湯の温度管理、浴槽の清掃などの)をしているか、
案外、知らないものです。
 
 
この映画は、
肘折の話にとどまらず、
温泉そのものを知るきっかけになります。
 
温泉は奥が深いものです。
温泉を知ることで、もっと温泉を愛して、
日本人の宝物である温泉を守っていきたいと思います。
 
 
温泉エッセイスト YOKOSO! JAPAN大使 山崎まゆみ
 
世界21カ国の温泉地、約750箇所の温泉地を訪ねる。
2009年7月発売・温泉ノンフィクション『ラバウル温泉遊撃隊』(新潮社) 
2009年初夏発売『お疲れの貴女へ ようこそ!! 幸せの混浴温泉へ』(東京書籍) 
既刊『だから混浴はやめられない』(新潮新書)
日々の温泉情報をブログで発信中。
 
 

 『湯の里ひじおり』では応援団を募集しています。くわしくはこちら
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
上映日程
芸術と食欲と温泉の秋。つくば上映は2010年11月21日(日)筑波学院大学にて!
プロフィール
HN:
肘折の映画を支援する会
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
お天気情報
カウンター
忍者ブログ [PR]